www.fishingthailand.web.fc2.com/

TOP  釣り場情報  釣具店情報  タイの魚  LINK  BLOG  BBS

◆bungsamran fishing park(ブンサムラン・フィッシング・パーク)

■基本情報

名称 :bungsamran fishing park(ブンサムラン・フィッシング・パーク)
営業時間 :24時間営業
休日 :年中無休
住所 :soi suwanprasert sukhapiban 1 rd, bangkapi, bangkok 10240
電話番号 :0-2734-9270, 0-2734-9272
url :http://www.geocities.com/bungsamran/introduction.html


■地図&行き方

ナワミン通り、ソイ42の突き当たりにあります。通りから約800m程入った所です。
※地図をクリックすると地図サイトへ飛びます。


■対象魚

mekong giant catfish、striped catfish、chaopraya catfish、giant carp、etc
プラーブク、プラーサワイ、プラードゥック、プラーカホー、ティラピア他
メインターゲットはやはりプラーブクかと思います。アベレージは10`以上、かなり強烈なファイトが楽しめます。


■ファシリティー

貸し竿(有料)、貸し網(有料)、ロッカーサービス(有料)、テレビゲーム(有料)、ビリヤード(有料)
トイレ、レストラン、カフェ、ミニマート、釣具店


■料金情報
項目 料金 備考
釣り料金
(日本人料金)
1000b/竿 入場のみは無料。また、am9:00を基点に24時間有効。
例1)朝9:00入場の場合→翌朝9:00迄の24時間有効
例2)夕方6:00入場の場合→翌朝9:00迄の15時間有効
タイ人料金は400b/竿。タイ人の知り合いがいる場合、
一緒に行って受付してもらえばタイ人価格で入場可
(保障はしませんが・・・)
釣場
(共同桟橋)
無料 共同桟橋の使用は無料、空いている所を勝手に使用する。
椅子、テーブル等が置いてあるので好きなように使用可。
釣場
(コテージ)
400〜
2000b/棟
場所、大きさによって値段が異なる(使った事がないので未確認情報)
人数は小さい所で4名程度、大きなコテージならそれ以上は入れそう。
エサ 140b/バケツ パンの耳、ココナッツミルク、粉末エサ一式。使い方にもよるが1名で8時間程度の分量。
貸し竿 500b/竿 デポジット1000b、返却時に帰ってくる。ちなみに竿紛失時は6000bの罰金
貸し網 160b/網 デポジット200b、返却時に帰ってくる。サービスで付けてくれる場合も有り。
ガイド 1000b/人 現地人ガイドがいろいろ手ほどきしてくれるサービス。個人的にはサービス過剰で 自分の楽しみが減ってしまうのでつけた事がない。


■タックル&仕掛け(プラーブク/プラーサワイ狙いの場合)

基本的には鯉のぶっこみ釣りのようなスタイルで釣ります。対象魚が大きいので、それなりの道具が必要となります。 ライン強度は少なくとも25ポンド以上、リールもそれに合わせて大きい物を選びます。abuでいうと5000番以上の リールがいいかと思います。ベイトリールの方がトルクもあり、ドラッグ調整もしやすいので、自前で用意するなら ベイトリールがいいでしょう。スプールをフリーにするとクリック音が出るものだとなおヨシです。 竿は鯉釣り用竿が流用できるか・・・と思いきや、釣堀の環境上長い竿は全く取り回しが効かないので、 6ft前後の竿がいいかと思います。繊細なアタリを感知するような釣りではありませんので、 あくまで強度と取り回しを重点において選ぶといいのではないでしょうか。

参考までに、管理人のタックルを紹介します。

@竿・・・・・・・・5.9ft、ライン負荷20-40lb、錘負荷3-6oz
Aリール・・・・・abu ambassader 7000ic3
B糸・・・・・・・・ナイロン30lb
Cウキ止め・・・輪ゴムを使用(ウキ下1.5〜3m程度。状況によっては無いほうがいい場合もあります。)
Dウキ・・・・・・・遊動式ウキ(状況によっては無いほうがいい場合もあります。)
E螺旋・・・・・・鯉釣り用の物を若干大きくしたもの。10バーツ
F食わせ針・・伊勢尼12号相当、螺旋との間隔は5cm程度

ちなみにレンタルタックルの場合はスピニングタックル+上記仕掛けが付いてきます。
また、上記仕掛けの針を小さくして、ウキ下を浅めにとるとティラピアが釣れますので、 ライトタックルで小さい子供が遊ぶのに丁度いいかもしれません。

■釣り方(プラー・ブク/プラー・サワイ狙いの場合)

@まずは釣り座を選びます。バンガローの場合は指定のバンガローへ行きます。そうでない場合は共同桟橋で 釣る事になります。共同桟橋の中で空いている場所を探しましょう。
左図赤線部分が共同桟橋です。柱〜柱までが1区画になっています。
バンガローの場合はこんな感じになります。

A場所が決まったらエサを作ります。パンの耳、ココナッツミルク、粉末エサを混ぜて、団子に出来るくらいまで 練ります。この時、食わせエサ用のパンの耳をよけておいて下さい。
エサはこんな感じでバケツに入っています。

B仕掛けにエサを付けます。まず、螺旋にエサを卵大の大きさに丸めて付けます。次に、食わせエサを 針に付けます。食パンの耳2〜3枚を使用します。最後に、団子と食わせエサを軽く握って一体にします。

C仕掛けをキャストします。釣り座から30m〜50m程度投げます。あまり近くだと釣れない傾向にあるので、 なるべく遠くに投げるようにします。但し、あまり気合を入れて投げるとエサが空中分解するので、適度な 力加減が必要です。実際の距離に関しては周囲のタイ人を参考にするといいかと思います。また、桟橋には 屋根がついていますので、これに仕掛けを引っ掛けないよう注意して投げて下さい。

D投げたら適度に糸フケをとり、竿を置きます。この時、糸がフリーで出て行くようにする必要があります。 魚が掛かったら仕掛けがかなり引き込まれますので、竿を持って行かれないようにする為です。 スピニングリールの場合はドラッグを全開にします。ベイトリールでクリック機能があるものであればリールを フリーにし、クリック機能をonにしておきます。また、ベイトロッドの場合は指を引っ掛ける部分を床の スキマに掛けておくとより安全かと思います。
こんな感じで竿を置きます。

Eアタリを待ちます。ここでゴザ、ハンモック等があるとより快適にアタリを待つことができます。アタリは ウキが沈む、糸が張る/緩むといった一般的な兆候もありますが、最終的には「ジィーーーー!」という 音と共に糸が引き出されますのでそれを待ちましょう。(個人的にはこの瞬間が一番楽しい。) アタリを確認したらガツンと大きくアワセます。ドラッグを緩めている場合は急いで閉めましょう。
hit!!!!!

Fいよいよファイト開始です。適度にドラッグを調整しつつ、大魚とのファイトを楽しみましょう。 魚が左右に走る事が多いため、魚の進行方向と逆向きに引っ張り、なるべく他の人の迷惑に ならないようにしましょう。しかし、あまりに相手が大きいときは話は別になってきます。魚が大きい時は 魚の動きに合わせて自分も移動します。その際、他の釣り人は気を利かせて仕掛けを上げてくれますので、 お礼を言いつつ魚を追いかけます。こういう時、タイの人は親切です。

G魚が弱って自分の足元まで来たらランディングです。殆どの場合一人で上げるのは困難なので、 誰かに網ですくって貰う事になります。ここでも親切なタイ人が手伝ってくれる事が多いので、手伝って 貰った場合には「コップンカップ!」とお礼を言いましょう。また、魚を網へ誘導する場合には、頭から 網へ入れるようにしましょう。

H釣れたら針を外します。使用する針が大きい上に、魚が暴れると結構な力を発揮する為、ラジオペンチ 等を使用して迅速に対処します。ちなみにラジオペンチは受付カウンターで貰えます。(多分無料) 記念撮影を済ませたら魚を池に帰します。ここでは全てキャッチアンドリリースとなります。
針を外して・・・・・
記念撮影!!
お疲れ様でした。

I次の魚を目指して、Bから繰り返しです。アタリが無い場合にはウキ下を調整したり、狙う場所を変えたり しながら20〜30分程度の周期で繰り返します。



www.fishingthailand.web.fc2.com
inserted by FC2 system